あなたのエアコン効いてますか?    エアコン効かなくて乗れますか?

旧車などの場合、エンジンやミッション、ブレーキなどの次に困るのが、
エアコンの故障で、走れない訳ではないのですが、最近の日本の高温多湿の夏を乗り切るのには
正直つらいことです。又エアコンの排水が室内に流れてフロアが修復不能なほど錆びて腐食していたり、
フロアマットの裏で虫が沸いていたりすることもあります。

車種メーカー問わず、ブレーキなどの重要部品ではないため生産中止の部品が多いです。
今までディーラーなどで修理をしていたオーナーもある日、”部品が生産中止のため直せません”
と言われ泣く泣く車を買い替える人も多いのが実情です。

エアコンパーツが無くて困っている人のために、新しい車種の部品を流用して修理できます。
そこで主要な部品だけを流用して修理します。
車種に関係なく国産車なら、コンプレッサーはリビルトで5万前後、レシーバータンクが1万円弱、配管とコンプレッサーの取付工賃が2万円〜4万円ぐらいです。 すんなり加工せずに付いた場合。

取り付け&加工工賃は車種や状態によって異なります。又流用の場合は、難易度で変わってきますので。
実際に作業を行ってみないとはっきりした金額は判りませんが、ご相談頂ければ可能な限り明瞭に致します。

高圧・低圧のホースも製作いたします。ここからガスが漏れてる車がとても多く、
又これが生産中止の車種が非常に多いです。
配管(アルミ&銅管)も製作します。フロンガスも、R12⇒R134に変更出来ます。
現在の車両でも、エアコンのフィルターの清掃などは重要なポイントですが、

旧車の場合フィルターが、付いていないので、エバポレーターの汚れなどは酷い状態になっています、O/Hと一緒にこういった箇所の洗浄、清掃も効果絶大です。
又、エアコン自体は冷えているのにファン系統が弱く、通気のダクトも隙間が多い為、
風が弱いことが、旧車の場合ありがちです。ファンを高年式の他車種の流用なども出来ます。
ファン自体の効率がよく(ファン形状)モーターも強力なので効果が大きいです。
加工と配線作業が必要になります。

吹き出し口(風向き)の調整が効かない車も多いので、この辺の修理も可能です。



エバポレータ

酷い状態です

タバコのヤニや埃、
枯葉、虫の死骸など
空気が通りません。

黒く見えるのは指で
なぞった跡



頑張って掃除します



スポンジが劣化して
気密が保てません

白っぽく見えるファン



洗ったら透明に!

流用予定の
ブロアモーター



洗浄、洗浄!

ケースも綺麗に

綺麗!


エキスパンションバルブ
も交換

スポンジも張替えます


一番上の段の
左から4番めと同じ場所です。

リビルトコンプレッサー


AE86
AE86
シビック

コンプレッサー流用
仮固定

シビック


連絡先はこちら
MAIL

トップページへ  
このページは以前のページです最新の旧車のエアコン修理情報はこちら

Copyright (C) 2012" RIDES "All Rights Reserved.

旧型車、希少車のエアコンを、どうにかしたい人のコーナー