TOP
WORK
WORK2
LINKS
INFO
PRODUCT
GALLERY
OTHERS

Copyrights (C) 2012 "RIDES" All Rights Reserved.
割れたエアロパーツの修理にチャレンジ!
ポイント
この場合割れたエアロパーツは、前半はかけらが全てそろっている物での説明です途中から画像がかけらの無いものに変わりますが、基本的には同じです。
本来は空気を抜いたり、他にも様々な、材料や道具が必要なのですが、ここでは一番手軽に直せる方法を御紹介しています

まず、割れた部分同士を
合わせてなるべくもとの形になるようにします

割れ目の繊維がうまく重ならない場合はその部分を削り取ります。

裏側  

サンダーなどで削ります

隙間が開いてもいいので、
表面を平らにします。

表側をテープ等で塞ぎます
テープだけで、固定できない場合はクランプ等で固定します。アルミテープなどが作業し易いです。

裏側に樹脂を塗りファイバーマットを貼ります。強度を上げたい場合は、この作業を繰り返します。

欠けた部分にアルミテープを貼り裏に樹脂で白い部分を作ったところです。

気泡を抜いていないので、
表側に段差があります。

表面を大体平らにします。

FRPでパテを作ることも出来ますが、削るのが困難なので、ここではポリパテで表面仕上げをします。

パテと硬化剤をよく混ぜ


乾燥を待ちます。

パテを削るにはこんな道具をプロは使いますが普通はもって無いと思うので(この道具を買うならエアロが新品で一式買えるので)

このように木片にサンドペーパーを当てて削ると平らに削りやすいと思います。
サンドペーパーは
#180番〜240番ぐらいを使ってください。

削り完了

サフェーサーを塗り
塗装して終わりです。

ポリパテ:最も一般的なものです。

FRP補修kit:ファイバーマットと樹脂、硬化剤、攪拌容器のsetです。